出会いの広場ひまわり利用約款

 

出会いの広場ひまわりを利用するにあたり、以下の事項を熟読し、同意できる方のみご参加ください。

 

 まず第一に、このホームページを利用して直接的、間接的損害(物理的、精神的問わず)を被ったとしても、当ホームページを作成するスタッフ、運用するスタッフは一切の責任を負いかねますのでご同意ください。

 次に、出会いの広場ひまわりは『世代を越えた友情をインターネットで育もう』という目的で運営されています。チャット、メールフレンド等で顔の知らない他人と話すことになるのですが、相手を傷つけたり、誹謗中傷する発言、行為は一切禁止いたします。マナーとルールを守りひまわりを楽しみましょう。以下に、各種定義を示しますのでご理解ください。

 

1 出会いの広場ひまわりの定義

 

出会いの広場ひまわりは『国籍、世代、職業、そして性別を越えた友情を育むこと』を目的に作られる広島から発信されるインターネットサークルです。これを達成する手段(ツール)として、チャット、掲示板、メールフレンド募集、リンク集、そして実際に知り合った人と親睦を深める『オフ会』があげられます。

 

 

2 出会いの広場ひまわりの参加資格者の定義

 

出会いの広場ひまわりに参加する資格を有する者は上記の『国籍、世代、職業、そして性別を越えた友情を育むこと』を目的に作られるホームページであるというひまわりの理念を理解し、共感できる者であれば誰でも参加資格があります。出会いの広場ひまわりはインターネット上にありますが、参加希望者がパソコンを持っていなくても全く問題ありません。(例えば友達の紹介でひまわりのオフ会に参加する等)ただし、出会いの広場ひまわりは、世間一般で言われている『出会い系』とは一線を画すホームページであり、異性との出会いを目的とした参加者の参加は認めていません。

 

 

3 ひまわりドリームプロジェクトの定義

 

出会いの広場ひまわりに参加する人で、かつ、ひまわりをプロデュース(あるいはクリエイト)する人達でこのホームページを運営していこうという試みが行われ、そして実現しています。これがひまわりドリームプロジェクトです。この信念から、『みんなが管理人』という発想が生まれています。つまり、ひまわりのチャットやオフ会に参加する人一人一人がひまわりを作り、運営をしていくことです。この定義から分かるようにひまわりドリームプロジェクトのメンバーはひまわりに携わるすべての人であると言えます。

 

 

4 出会いの広場ひまわりの問題点と改善案

 

出会いの広場ひまわりは2002年6月10日現在でサイトが立ち上がって6年目になります。当ホームページにおいて多くの友情が育まれ大きな成果を残していると言えます。しかし、多少なりとも問題点があると言わざるを得ません。認識されている問題点をあげますと

     インターネットユーザのチャット離れによりアクセス数及びひまわりの参加者が減少傾向にあります。

     ホームページやオフ会について一部の人間のみが管理、運営を行っており、また情報の開示もされておらず、一部に負担が掛かり、またクレームもそこに集中するという悪循環に陥っています。

     広島において開催されているオフ会において、ひまわりの理念を理解し参加したい人がいるにも関わらず一部快く参加できない状況になっています。

     セキュリティとプライバシーの問題についてのツールの管理及び、セキュリティとプライバシーに対する考え方が甘いと思われます。

 

以上の大きな問題点について、以前からホームページ上において掲示板で議論がなされました。そして一定の改善案が提示されました。以下に改善案を示します。

 

     ホームページの管理、運営を一部の人間から、段階的により多くの人でコンテンツを作成することです。ひまわりを盛り上げるためのツールをみんなで考えて作ることにより多くの参加者を得ることができる可能性があるといえます。

     ひまわりにおいて話し合われた事は議事録に残し、それをなるべくホームページ上で公開することです。参加者同士の意思疎通をはかり、懸案事項について実際にフィードバックを行える環境づくりをめざします。

     ひまわりの理念を理解し、ひまわりに参加できる資格者は基本的に歓迎することです。ひまわりは世代を越えた仲間であるため、年齢や、ホームページに参加した期間による上下関係はありません。

     CGIの使用により、不特定多数の人が参加できる、参加型ホームページであるので、セキュリティの侵害やプライバシーの侵害がないように考慮した構成にすることです。また、セキュリティポリシ、プライバシポリシ、そして何よりもひまわりマインドを明確に定義、実施、見直しPlanDoSeeを行い、参加者のセキュリティ、プライバシを守ることです。

 

 

以上の事項に同意できる方は以下の誓約書にサインしていただきたいのですが、サインしたという気持ちでひまわりを利用してください。

 

 

 

※その他トップページにある、セキュリティポリシ、プライバシポリシについてもご熟読ください。

 

 

 

2002年6月11日